国の借金である国債をこれ以上増やさないために

私たち日本の国民は、国債金がどのように使われていったのか政府に説明してもらい、知らなければなりません。

国の借金である国債をこれ以上増やさないために

国の借金である国債をこれ以上増やさないために 国債とは国の借金でして、これは国民が作ってしまったものと言われているのですが、そのように説明をしても納得できる国民がどれほど存在するのかわかりません。日本の国債は本当に大きいものでして、これは、子孫、いわゆるこれからの日本国民が負担しなければいけないと訴えている政治家もいるわけで、何とかしなければいけない大きな問題なのです。しかし、どうしてそこまで国債残高が出てきてしまったのか、私たち国民も知る権利があります。

国債金がどのように使われたのか、ちゃんと知っている国民はもしかすると少ないのではないかと考えます。どのように使ったのか、どうしてこれだけ国の借金が膨らんでしまったのか、政府はちゃんと国民へ説明をしなければいけない義務があります。しかし、国民がそのようなことを知らないとなりますと、私たちも動かなければなりませんし、関心を持たなければなりません。ちゃんと国債金の流れを知ることができるように訴えなければなりません。しかし、ただうるさく声を出すだけでは、なかなか振り向いてくれる人は少ないかもしれません。

ちゃんと説明をしてくれるように政府が動いてもらえるようになるためには、私たち国民も政治や憲法を知らなければいけないのです。